矯正装置の特長

装置の特徴と使用法

Point1装着時間1日10時間

学校に装置を外して行く場合は帰宅後直ぐに装置をお口に入れて食事中や歯磨き以外は起床まで装着します。休みは少しでも長く装着してください。装着時間が長ければ長いほど治療期間は短くなります。スポーツ中は装着できませんから激しいい運動を長い時間されるお子様には不向きな治療法かもしれません。

Point2非抜歯矯正

歯並びが悪くなる原因のほとんどは顎の成長不足です。顎の成長不足は前歯部に起こります。本来、全ての人が持っている前歯部の成長能力を回復すれば抜歯や歯を削除する必要はありません。より自然な歯並びになります。

Point3装置の取り外しが自由自在

仕事中、食事中など必要に応じて自由に取り外しが出来ますので、大事な予定や人前に出なければいけない時だけ取り外すこともできます。着脱が自由なので、口の中はいつも清潔に保つことができます。

Point4人に知られない

プライベート時間や移動中、睡眠中など、1日最低10時間装着するだけで矯正治療ができます。使い方によっては人に知られる事無く矯正治療ができます。

Point5痛みが少ない

装着時の痛みがほとんどありません。また自分で適切な矯正力の調整を行えるため安全性も高くなります。また何かのトラブルがあってもすぐに装置をはずせるので、極めて安全です。

Point6口腔内が清潔にできる

ワイヤー矯正装置は、それぞれの歯に鋭利な細かいパーツやワイヤーを多数取り付けますので、それに接触する唇、ほっぺた等が傷つく場合があります。また長期間装置を装着したままなので、食後、常に食べカス等がつかないようにしっかりケアをしなくてはなりません。そのまま放って置くと虫歯や歯の変色になりかねません。バイオファンクショナルスーツにはこの様な悩みは一切ありません。

Point7重度の叢生(ガタガタの歯並び)、出っ歯や受け口が治せる

重度の症例はお子さんに限られます。装置を数回修正して、非抜歯・非削除で治療出来ます。

Point8犬歯が生え出しても間に合う小児矯正(混合歯列期)

一般的に永久歯の犬歯が生え出すと小児矯正はもう無理と言われ断られ、永久歯が全て揃ってから治療を始めます。我々の装置は違います、永久歯に生え変わる期間、永久歯に全部生え揃っても矯正治療が始められます。

Point9一期治療で終わるから治療期間が短い

特に子供の矯正は成長期の矯正から成人の矯正までと治療期間が長いイメージだと思います。バイオファンクショナルスーツはとくに成長期の子供ほど早くに治療が終わります。

Point10上下の歯並びを同時に治せる

上下の床が一体になっておりますので、上下の咬み合わせを保ちながら上下の歯並びが同時に、綺麗になっていきます。